作家失格

売れる作家を目指す底辺もの書きの愚痴

遅筆

自分はとにかく遅筆だ。
たった一行書くのにも、ものすごく時間がかかる。
言い訳すると、表現を選び、いかに読者の気を引けるかを心がけて書くからなのだが。
遅筆は、もしかしたら、いや、もしかしなくても、作家として致命的な欠陥かもしれない。
いつまで経っても新刊が出ないからだ。
新刊が出ないと、読者に忘れられる。
忘れていない人からは、「あいつ、終わったな」と思われる。


編集者にも、そろそろ忘れられているかもと思ったり。
年賀状が来ると、あ、まだ大丈夫そうと安堵する。