作家失格

売れる作家を目指す底辺もの書きの愚痴

出版社から出版する意味

今時は、自費出版や個人で出せる電子書籍も充実している。
同人誌もある。
それを使って出している人も多くいるだろう。
その中からヒット作が出ることもあるかもしれない。
だから、必ずしも出版社を通して出版しなくてもいいんじゃないかと思う人もいるだとろう。


自分は、編集の目を通していない書籍にお金を払う勇気はない。
本屋に流通している本なら、お金を払う。
それは、編集者への敬意でもある。
やはり、プロ編集の校正を通っているかいないかの差は歴然だと思うから。


作家を目指していた人が同人誌に手を出すのは、実に残念に思う。
いくら公募に出しても落選続き。
それでやむなく自費出版。
自分の作品に自信のある人ほど、そうなる。
気持ちは分かるが。


自費出版は完全に自己満足の世界だと思う。
出版したことで満足してしまう。
本来は、そこからが勝負なのに。


自己完結は、それ以上よくなることがない。
編集者の役割は、いかに売れる作品にするかを考えることだ。
プロの目で読み込んでアドバイスをくれる。
これがあると無いとは全然違う。