作家失格

売れる作家を目指す底辺もの書きの愚痴

売れ筋を意識するかどうか

作家をしていると、あるジレンマに悩む。
売れ筋を書くか、それとも、好きなことを書くか。


好きに書いてヒットすれば最高なんだが、出版社はどうしても現在売れ筋の作品を求めてくる。
出版してヒットするかどうかはばくち。
今、売れているものなら安定。
そう考えるのはビジネスとして当たり前の話だ。


作家になりたい人は、いくつかのヒット作から共通項を探して取り入れようとする。
そこに、落とし穴がある。
他人の考えたアイテムを集めたところで、本家を越えることはとても難しい。
どこかで読んだような既視感満載で、二番煎じの劣化版とみなされる。
こんな作品では、出版社の目に留まることはない。
真似をするなら、それを越えるアイデアを盛り込まなければならない。
そっちの方が実は難しい。