作家失格

売れる作家を目指す底辺もの書きの愚痴

印税

作家の大事な収入源である印税の話だが、興味あるだろうか?


印税に対する一般的な認識は、
「本1冊出すと、販売価格の10%が作家に入る。それを、印税と言う」だと思うが、合っているだろうか?
自分もそう思っていた。
ところが、実は、そうでもない。
契約によって、パーセンテージは変動する。10%いかない場合もある。


印税の計算方法だが、販売部数ではなく、印刷した部数分貰える。
1万部印刷したら、「定価×10%×10000=印税」となる。
たとえ売れ残って返品されても、作者には1万部の印税がはいる。
電子書籍は、販売部数分。「定価×10%×販売部数=印税」
だから、紙本のほうが作家はありがたい。


初版が何部になるかがとても気になるところだが、これは、営業との兼ね合いできまる。
初めて出す場合は、大体、7千部~1万部。
シリーズ物で、すでに販売実績があればまた別。
これにも、決まりはない。
出版社によっては、3千部、4千部もある。
これぐらいになってしまうと、どこの書店で売っているのかを出版社に教えてもらわないと、買いに行けない。


印刷部数と関係ない、定額印税の場合がまれにある。
何万部印刷しようが、ヒットしようが、重版しようが、定額だから印税は増えない。
特殊ではあると思うが、そんな話が来たときは、よく考えて欲しい。