作家失格

売れる作家を目指す底辺もの書きの愚痴

小説書き方講座に行ってみたい

小説書き方講座に行ってみたいといつも考えている。
商業デビュー後でも申し込んでいいものだろうか? とか、課題作を書くのが面倒かも、とかで躊躇している。
行ったところでヒット作が書けるわけではないのだが、小説のセオリーや作法を知りたい気もする。
自分は小説の書き方など全く知らずにデビューしたから、今のままでいいのかどうかの確認もしたい。


そもそも、小説家になりたくてなった訳じゃなく、書きたいことを書いたらこうなっただけで、真面目に勉強したことなどなかった。
だから、デビューしてから苦しんでいると言える。


しかし、調べてみると軒並み満席でビックリしてしまう。
小説講座を受けて芥川賞をとれた先生もいると聞けば、心動かされるのは仕方がないとは思うが、そんなにたくさんの人が小説家になりたいのだろうか。


とりあえず、大沢在昌先生著作の「小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない 」という指南本を見つけたので、購入して読んでみることにした。
目指せ! プロ小説家!