作家失格

売れる作家を目指す底辺もの書きの愚痴

デビューだけで満足してはいけない

大沢在昌先生著作
「小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない 」
タイトルだけで胸に突き刺さる。


ネットで注文したのですぐに届いた。
出版社にとっては、書店で買われた方がいい。
しかし、店頭にはない。
取り寄せだと2週間かかる。
2週間も待たされたら読む気が無くなる。
それでネットに頼ってしまう。
古本買うよりはマシってことで、ご理解ください。


これが、予想以上の分厚さ。
挫けずに時間を見つけて読んでいこうと思う。


文芸とラノベでは書き方が若干違うようだが、将来は文芸にも挑戦してみたくなった。


自分はハウツー本を読まない方だが、たくさんのハウツー本を読んでいる人がいる。
小説はテクニックより内容だよ、と言いたいところだが、将来期待できそうな作家に与える出版社のルーキー賞を取っているので、効果はあるのだろう。


作法がまったくなっていなくて、落選続きの人もいる。
少しは勉強したほうがいいのになあと、こっちは思う。
熱意はあるし、アイデアもあるので、書き方を工夫するだけでいいところまで行くと思うのにと勝手に思っている。