作家失格

売れる作家を目指す底辺もの書きの愚痴

初版部数

初版部数が決まった。
7千~8千部かなと予想していたところ、1万数千部を提示されたのでビックリした。
ラノベでは十分すぎる部数。
それだけ期待されているのだと気が引きしまる。


書店回りとか、サイン会とか、やりたくないなーなどと愚痴っていたことを反省する。
書店に配布するPOPも書きます!
書店で見かける手書き宣伝POP。
書店員が書いていると思っているだろうけど、作家も書くんだなあ。
字も絵もヘタだけど、作家本人が書いたことに価値があって売り上げ増につながるならば、手が痛くなるまで書きますよ。