作家失格

売れる作家を目指す底辺もの書きの愚痴

ちょっと嬉しいことあり

新刊の売れ行きが芳しくなくて凹んでいたところ、別作品の出版が決まった。
(/・ω・)/ヤッタ
元気が出たので、友人の本を買いに同居人と本屋へ行く。
ついでに自分の本を見ようと出版社の本だなを眺める。
売り切れたあと、1冊だけ入荷していた。それを探す。
「ないなあ」(´_ゝ`)
探していると、同居人が、「あなたの本、たくさん積まれているよ」|ω・)と言うではないか。
どこに?(゜-゜)
「そこじゃなくて、あっち」(´・ω・`)σ
教えられて見ると、レジ前で平積みされていたので驚いた。
え? 全部、自分の本?Σ(・ω・ノ)ノ!
信じられなくて、上から下まで全部自分の本か確認してしまった。全部自分の本だった。
大量再入荷だ!(*‘∀‘)
書籍データベースでは散々な販売数が出ているが、こういうのを見るとそんなに正しくないのかなと思う。
地味でいいので売れていって欲しい。