作家失格

売れる作家を目指す底辺もの書きの愚痴

ゆるキャラグランプリ2018結果(追記あり)

結局、『こにゅうどうくん』の順位はどうなったのか。
このブログで取り上げたこともあり、結果が出たのでご報告。
ご当地部門で第三位でした。


インターネット投票って、予選なんだね。
予選通過したゆるキャラが、イベント会場でグリーティング(練り歩いて観客と触れ合うこと)。
来場者の現地投票で最終順位が決まるようです。
ここにインターネットの得票数は含まれない。
それじゃあ現地のキャラが有利なんじゃないの?と、うがったけれど、埼玉県志木市の『カパル』がダントツの得票数で一位でした。
みんな、ちゃんと投票しているんだなあ。


【ご当地部門最終順位】
1.『カパル』埼玉県志木市
2.『ジャー坊』福岡県大牟田市
3.『こにゅうどうくん』三重県四日市市
4.『一生犬鳴!イヌナキン!』大阪府泉佐野市 (名前、長くない?)
5.『滝ノ道ゆずる』大阪府箕面市
6.『おぶちゃん』愛知県大府市
7.『大野ジョー』福岡県大野城市
8.『マッキー』大阪府松原市
9.『ばら菜』岐阜県神戸町
10.『島原守護神しまばらん』長崎県島原市


みなさん、おめでとうございます。


【企業・その他部門】もあるけど、私企業なのでここには載せません。


やり方に議論はあったかもしれないが、『こにゅうどうくん』に罪はないと一言添えておく。


※追記:順位は「現地投票+インターネット投票」で決定しているとのニュース報道がありました。システム会社が不正投票を削除したことで『こにゅうどうくん』の最終票数が減ったとのことです。


 現地投票といっても、全部で1万票程度。それが4倍になっても、誤差程度にしかならないのでは?