作家失格

売れる作家を目指す底辺もの書きの愚痴

作家になった経緯3

書きあがったが、それをどこかに応募する気は全くなかった。
純粋に自分が楽しむためだけに書いたものなので、しばらくそれで遊んだ。


ところがある日、啓示が下りた。
「どこかに投稿して、読者の反応をみてはどうだろうか?」


人が動く理由など、そんなものだ。
思いつき、ひらめき、街中で、ふと目に留まった誰あてでもないメッセージが気になる。
それらによって、人は動く。


後に、このことが自分の運命を大きく変えていくことに……ならない!
残念ながら、第二の挫折を迎えることとなる。


つづく。